QS大会(Quality Skill)

当社の管理ビルにおいて保有している、
多数のノウハウを全社的に共有すること

大会概要

当社の管理ビルにおいて保有している、多数のノウハウを全社的に共有することと、現場の設備管理員・清掃員一人一人の技能のさらなる向上を目的として、2年に1度「全国QS大会」を開催し、お客さま向けソリューション提案事例発表会と緊急対応能力や日々の実務能力を試される様々な競技を行い、日頃の業務および訓練で培った技能を競い合っています。

技能(技術)コンテストの一例

安全の部

当社では、ビルの利用者全てに「快適・安全・安心」を提供するため、建物の各種設備に対する点検を行っています。建物の安全環境提供は勿論ですが、作業者本人の労働安全面に対する配慮も欠かすことはできません。万が一発生した緊急事態についても対応できる必要があります。これらの観点を、競技内容に反映します。

競技内容

管球交換・酸欠防止、分電盤の絶縁測定、館内点検における安全・確実な作業を競う。

設備管理インスペクションの部

当社では、インスペクター(専門技術員)が設備管理品質の状況を検証し、評価と改善に向けたアドバイスを行っています。ビルの設備機器(受変電設備・空調機)の管理状況を素早く正確に検証し、改善に向けたアドバイスを行うことを競技内容とします。

競技内容

ビルの設備機器 (受変電設備・空調機)の管理状況を素早く正確に検証し、改善に向けたアドバイスの的確性を競う。

自衛消防技術の部

大規模・高層化し、用途も多様化した建築物で、火災や地震等の災害が発生した場合に、初期対応を一歩誤ると、パニックの発生や延焼等による被害の拡大が危惧されます。したがって、災害状況をよく把握し、その状況に応じた迅速的確な自衛消防活動が必要になります。災害の発生時における、避難誘導、消防用設備等の操作及び負傷者の救護を競技内容とします。

競技内容

地震発生、非常放送、初期消火、AED救命の迅速・的確な対応を競う。

ビルクリーニングの部

清掃作業には、バランスが求められます。清掃作業の仕上がりや作業手順の正確性に加えて、作業時間・作業姿勢・チームワークといった観点を、総合的に競技の審査ポイントに反映します。

競技内容

床洗浄機(ポリッシャー)・専用掃除機(ウエットバキューム)を使用して、20m2の床面コートにおける洗浄ワックス仕上げのタイム・作業動作・仕上がりを競う。

お悩みを解決します!お問い合せ、ご相談はこちらから。